会社概要

社長のことば

shacho2
弊社は、平成9年に、各種工作・機械メーカーとして創業いたしました。以来「迅速」「正確」「丁寧」をモットーに、工作機械関連部品、自動車関連部品、太陽光発電関連部品、食品加工関連部品など、富山県内外の工作機械メーカーのパートナーとして、精密な機械加工を行う上で必要不可欠な治具を供給し続けてまいりました。長年蓄積してきた高度な機械加工技術により、わずか数ミクロン単位の精度の加工ができる部品を供給することにより、富山県内の主要工作機械メーカーから高い評価をいただいており、平成22年には、商工会連合会長賞を受賞するなど、当業界において確固たる地位を築いております。

平成24年には新工場を建設し、治具の製造だけではなく、小さな材料加工までできるよう製造体制を強化し、増加する主要取引先の要望にお応えしてまいりました。

一方で熟練技術者のノウハウを若手技術者に伝承し、弊社全体の製造能力向上・若手技術者のパワーアップを図るべく、研修も強化してまいりました。

ヤハタセイコーという社名には、当地入善町「八幡」の海からもたらされる、寄せては返す永遠のエネルギーを取り込んで、様々な人が集まり力を合わせて新しい息吹を生み出して行こうという熱い情熱が込められています。

地元で頑張ろう、地域社会に貢献して行こうと考える、意欲と創造性あふれる若い皆さんのチャレンジを期待しています。

株式会社ヤハタセイコーは、これからも大手工作機械メーカーのパートナーとしての役割をしっかり担いつつ、地元に根差して地域に貢献していくことを役割とし、誇りに思い、日々努力してまいる所存です。今後ともどうそよろしくお願い申し上げます。

(注)治具とは、作物を固定するとともに切削工具などの制御、案内をする装置。おもに機械加工、溶接などに用いる。これによっていちいちけがきする手間がはぶけ、加工が容易になり、仕上がり寸法が統一されるので作業能率を増し、大量生産に適する。

概要

企業名 株式会社 ヤハタセイコー
所在地 〒939-0615
富山県下新川郡入善町八幡548-1
TEL.0765-74-1622
FAX.0765-74-2733
代表者名 尾山 善二(おやま よしじ)
資本金 10,000千円
設 立 平成 9年 11月 7日
メールアドレス info-1@yahata-seikoh.jp
企業理念 strong_point
事業内容 車のエンジンを製造するトランスファーマシン、工作機械等の治具プレート、自動車関連部品、太陽光発電関連部品、食品加工機関係部品、工作機械関連部品
わが社の強み
shaoku
他社ができないような短納期の依頼でも、社員一同力を合わせてやりきる力があります。これまでの実績によって、大手工作機械メーカーから富山県では東のヤハタなどと呼ばれ、厚い信頼をいただいております。そして、製缶工程からボーリング・フライス・研削加工までの一貫加工も行っておりますので、設計変更など細かなご要望にも迅速にお答えできます。また、弊社は完全受注生産であり、不要な在庫は保有しておりません。そしてこれまで培ってきた発注メーカー様との強い信頼関係の下、一点々の受注に対して、丁寧なものづくりをと品質管理を行っております。
部品・技術の強み
machine05YBM-8120V
弊社では、毎回のように新規開発された機械部品の製造を行っていますが、熟練した技術者集団の高い加工技術と、10ミクロン単位での加工ができる高精度なマシン(ピッチ±0.01を保証する安田製ジグボーラなど)の駆使により、品質にも高い評価をいただいております。高精度なものづくり(治工具や装置)をめざし、ワイヤーカット加工機の導入し難材と言われるものも高精度で加工できる。

主要製品・技術について

概要 車のエンジンを製造するトランスファーマシン、工作機械等の治具プレート、自動車関連部品、太陽光発電関連部品、食品加工機関係部品、工作機械関連部品
これまでの活用事例 治具プレートは、マシニングセンターを量産加工機として使用する場合、ジグの固定に用いられるベースプレートの役割が極めて重要であることから、製品の精度を高め、バラつきをなくすためには、基準となるベースプレートに高い精度が求められます。 弊社の治具プレートは10ミクロンという高い精度で加工してあり、取引先からも高い評価を受けています。また、最近では、原子力発電所の保守機器である「源容装置」に高圧洗浄機が欠かせないが、弊社が製造したノズル部品が採用され高い評価を受けております。
新たな用途提案 新しく原子力発電関係で必要とされる部品を製造するようになった。今後、成長が期待できる医療業界においても弊社の技術力を生かした部品等を製造していきたい。また、組み立て等の業務を内製化し弊社が製品を一貫して製造し納入できる体制を構築して行きたい。日々技術を磨きながら、お客様のニーズに応えられるよう、ありとあらゆる業界に対応していきたいと考えています。
主な設備一覧 フレックスマシン、ジグボーラー、ワイヤ放電加工機、セルフセンタ、マニングセンター6台、NCフライス(タレット)、NCフライス(フルバック)、立フライス、横フライス、ラジアンボール盤、直立ボール盤、ガンドリルマシン、平面研削盤、研磨機、アルゴン溶接機、半自動溶接機、電気溶接機、R面取り器、ボーリングセット、3次元測定器、マイクロメーター等
shaoku

沿革

1992年(平成4年) 創業
1993年(平成5年) 第一工場(研削・三次元測定室)落成
1997年(平成9年) 法人化
2000年(平成12年) 第二工場落成
2005年(平成17年) 第三工場落成
2010年(平成22年) 商工会法施行50周年記念全国商工会連合会長賞受賞
2011年(平成23年) 製缶工場落成
2013年(平成25年) ものづくり補助金合格(第1回目)
2014年(平成26年) 第四工場(組立工場落成)
ものづくり補助金合格(第2回目)
2015年(平成27年) ものづくり補助金合格(第3回目)
2016年(平成28年) 富山県機電工業会入会

2017年度採用情報 New

新卒入社ご希望の方へ
当社では、企業の理念を理解され、やる気のある人材を募集しております。
丁寧な指導の下、社員は高い定着率(定着率100%)を維持をしております。
安心して働くことが出来ますので、どしどしご応募ください。
中途入社ご希望の方へ
今後の設備投資に向けて、企業の理念を理解され、やる気のある人材を随時募集しております。
未経験者でも丁寧に指導を行いますので、どしどしご応募ください。
応募資格 大学、短大、高専、専門学校卒、誠実な人
採用学科 全学部全学科
採用人数 若干名
応募方法 問い合わせフォームより応募、もしくは電話
採用社員区分 正社員(3ヶ月間の試用期間あり)
諸手当 通勤、家族、生産、責任者
昇給 年1回(7月)
賞与 年2回(7,12月)
勤務地 本社
勤務時間 8:00〜17:00
休日・休暇 土日、夏季、年末年始、GW(当社カレンダーによる)、年次有給休暇
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
福利厚生 財形貯蓄制度、退職金、国内自動車購入時に特典
連絡先 電話番号 0765-74-1622、メール info-1@yahata-seikoh.jp

先輩の言葉

◎志摩ひとみ(サブリーダー)

志摩ひとみサブリーダー

普段の業務内容:ボール盤での穴あけ加工、製造品の最終工程での検査、社内全体の納期管理などに携わっています

ー入社のきっかけ

物を作ることや新しい物ができていく過程が好きで、製造業である当社に入社させていただきました。

ーやりがい

当社では製造業から様々な機械部品の加工の依頼があります。今まで作ったことのないものも多く、しかも納期までの時間が短いものもありますが、そんなとき、社員みんなで力を合わせて作業し、無事納品できた時などにやりがいや達成感を感じます。

ーこんな会社です!

私たちの会社の社員は平均年齢30代と若く、向上心とパワーにあふれ、個人個人が日々成長を続けています。失敗しても次の仕事では同じミスを繰り返さないよう、社長やリーダーからのアドバイスも素直に聞き、作業内容を改善して前向きに取り組む人たちの集団です。

ー後輩たちへのメッセージ

難しい仕事に直面しても、みんなで力を合わせて取り組み、作業内容の改善や問題解決をしていける会社です。
若い方には基本的な仕事から少しずつレベルアップするよう指導していきますので、向上心を持って一緒に取り組んでいきましょう。

◎大田英樹(リーダー)

大田英樹サブリーダー

普段の業務内容:お客様からいただいた設計図面を、一つひとつの部品単位に分解して寸法を書き出し、製造現場に引き継ぐ仕事をしています。また、溶接加工が済んだ後の金属の素材面を削ってきれいに仕上げる面出しなどの工程にも携わっています。

ー入社のきっかけ

子どもの頃、趣味でプラモデルなどを作っていたのがきっかけで、ものづくりに元々興味がありました。当社には近所の方の紹介で知りましたが、好きなものづくりができると考え入社させていただきました。
工業系の勉強をしていたわけではないので、最初は図面を見ることも加工機の使い方もわかりませんでしたが、先輩から少しずつ教わり、社長からの勧めで他社のマシニング機械の研修を受けさせてもらったりして経験を積んできました。おかげで今では設計図面を見れば頭の中で部品ごとに展開することができるほどになりました。

ーやりがい

お客様からは様々な金属部品の注文がきます。形の複雑なものや特急対応の注文に対して、材料の手配から加工まで社外も含めた関係者を調整して納期どおりに納品できた時の達成感は大きいです。お客様から「ありがとう」と感謝の言葉をいただくと、この仕事をやっていて良かったなと思います。

ーこんな会社です!

社長を中心に「とりあえずやってみよう」というチャレンジ精神の旺盛な会社です。他社ではできないようなことでも、初めから無理だと言わず、みんなで知恵を出し合い協力し合って取り組んでいます。

ー後輩たちへのメッセージ

失敗を恐れず、どんどんチャレンジして欲しいと思います。難しいと思えることは私たち先輩がフォローします。

◎米嶋勝宏(サブリーダー)

米嶋勝宏サブリーダー

普段の業務内容:金属板の平面研削、これは厚みと平行度を保ちながら10ミクロン単位で金属を研磨する作業です。また、ガンドリルマシンという機械を使っての金属板に対する深穴加工や三次元測定器を用いた完成品の検査などを行っています。

ー入社のきっかけ

大学4年の時に内定をもらっていた会社から、当時の社会情勢の影響で新入社員の採用を取り止めたとの連絡がありました。私は元々地元で働いていきたいという気持ちが強かったので、当地のハローワークに求職の登録をしましたところ、当社の社長から「一緒に頑張ってみないか」と声をかけていただき、大学で機械を専攻していたこともあり、入社させていただきました。

ーやりがい

最近新しい仕事を任されることが多くなってきました。任された以上は失敗できない、という緊張感がありつつも、今まで誰もやったことのない仕事に携わらせてもらえるというチャレンジする喜びを感じています。そして実際にできた時は、心地よい達成感と充実感が味わえるのがいいですね。ものづくり企業の醍醐味です。

ーこんな会社です!

どんな仕事でもそうかも知れませんが、色々な仕事に対して、かけられる人数には限りがあります。中小企業ですから一人ひとりの責任は重いですが、困った時にはお互いに相談できる社風があります。仕事の割り振りは社長やリーダーが行いますが、みんながお互いに目配りをして応援し合ったり手伝い合ったり相談し合ったりすることができるのが当社の強みだと思います。

ー後輩たちへのメッセージ

どんなに専門分野の勉強をしてきても、仕事を最初から完璧にできる人はいません。完璧を求めて無理をする人がいますが、そんなことは必要ありません。着実に一歩一歩ステップアップし、失敗しても次には間違わないように取り組んでいくことで周囲の信頼を得ることができるようになります。わからないことがあれば遠慮なく聞いて、一歩でも半歩でも前に進むことが大切です。力を合わせて頑張って行きましょう。